大手リゾート施設様にパトライト回転鳴動型通知網を納入しました

これまで、自営の専用線で構築していた緊急事態通知網の更新です。
IPと無線通信を利用した、新しい通知網を提案し、IoT/M2Mネットワークを構築しました。

お困りごと:

  • PC等を使わず、極簡単な操作で通知したい。
  • 施設間を結ぶ自営専用線の保守費用を軽減したい。
  • 断線などの障害対応を迅速に行いたい。

匠の提案:

  • 一つのボタンを押すだけで、複数の施設に同時通知する。
  • 既設インターネット網と新設の無線網を併用し、メンテナンスフリーの網を実現する。
  • 変更、拡張に柔軟に対応できるシステム構成で、長寿命のシステムを目指す。
  • 利用する機器は、パトライトとヤマハルーターを使い、全体として信頼性の高い通知システムを構築する。

pato02

本部側スイッチと通信機器


スイッチ、スイッチの情報の変換機とルーター。ルーターが光回線経由で、遠隔の施設を結んでいる。

pato03

宅内有線・無線パトライト


本部とは有線接続し、信号を受信して鳴動。同時に近隣施設へは無線局として信号を通知。
左からUPS、親機、宅内報知用のスピーカーです。ルーター、無線機は写っていない。
近隣施設では、同様の機器構成で、無線局から信号を受信して鳴動。

pato01

外置き無線接続パトライト


近隣の無線局から信号を受信して鳴動。電源は耐寒仕様UPSで保護。

ヤマハネットワーク機器 20th Anniversary インタビュー記事
ascii記事